りべる株式会社

広報PR・新規事業支援

【PR・マーケティング担当者必見】Z世代が購買において各SNSに求めている情報とは?【後編】

【PR・マーケティング担当者必見】Z世代が購買において各SNSに求めている情報とは?【後編】

若者を気軽に知るメディア「ワカシル」では若者の環境・思考・行動が分かる記事を定期的に公開しています。
今回は、「Z世代が購買において各SNSに求めている情報とは?」というテーマの後編となります。
ワカシルについて詳しく知りたい方はこちらからご覧ください!

はじめに

前編では調査結果を元に、各SNSの使い方についてご紹介しました。
前編をまだ読んでない方はこちらからどうぞ

今回は後編として、Z世代へのインタビューを元にリアルな声を紹介していきます。
Z世代のリアルな感覚を知りたいという方は最後までお読みください!

トピック

まずは、本記事のトピックとしては下記になります。

・SNSや広告で商品を認知することに対しては嫌悪感が少ない
InstagramとTwitterが購買における情報収集の中心であり、特に優先的に取り組むべき媒体
・購入する商品はコスメや服、雑貨などが多い

意外だった点はありましたか?
さらに詳しくご紹介していきます。

商品購入までの流れ

実際にSNS広告を見て商品を買ったことのある22歳女性(都内在住)の例をご紹介します。

①Instagram広告で気になる
②Instagramの公式アカウントで商品情報を見る
③Instagramで商品検索をして他の人の投稿を見る
④Twitterで口コミを見る
⑤Instagramのプロフィール欄のリンクから公式HPに飛んで購入

それぞれの項目について、具体的にご紹介していきます。

①広告で商品を認知
この時点では自分に合った適切な広告であれば嫌悪感を抱いてはいないようです。

②商品概要確認
この段階では公式アカウントに飛び、商品について詳しく調べます。
企業側が発信している情報だけでは信憑性に欠けると考えており、実際に使ったユーザーの声を確認したいと感じています。

③④口コミ検索
InstagramとTwitterで口コミを検索します。
Instagramでは使うイメージを沸かせ、Twitterではリアルな口コミを探すことが多いようです。
口コミを見て良さそうであれば、商品の購入を決定します。

⑤購入
Instagramに戻り、リンクから商品を購入します。

購入する商品

Z世代はSNS経由でどのような商品を買うのでしょうか?

今回のインタビューで多く挙げられたものは下記でした。
・コスメ
・服
・雑貨

ビジュアルで伝わりやすい商材が広告やSNSとも相性が良く、Z世代へのプロモーションに適しているのだろうと考えられます。

プロモーション戦略

1.まずは口コミがある状態をつくる

TwitterとInstagramのUGC(口コミ)を増やすと、CVR(コンバージョン率=購入率)が上がります。
TwitterとInstagramが口コミが検索されやすいSNSになるので、これらに優先的に取り組むと良いでしょう。
口コミが足りない場合は、商品を好んで使ってくれそうなアカウントをリストアップし、ギフティングをして商品についての投稿や口コミを促すことが有効と思われます。

2.広告配信

広告はInstagram→Twitterの優先順位で出稿すると良いと思われます。
Instagram広告はビジュアルで伝えやすく、Z世代の利用率も最も高いため優先度の高い媒体と言えます。
TwitterもZ世代の利用率が高く、口コミ検索されることもあり、広告配信の優先順位は比較的高いと推測されます。

また、Z世代の利用率が高いYouTubeとTikTokについてはリソースの余裕があれば取り組むことで、様々なSNSで話題になっている商品という印象を与えることができ、CVRの向上に寄与できるものと思われます。

おわりに

ビジュアルで伝えやすい商品であれば、Z世代向けのプロモーションがやりやすいと思われます。
Z世代に対しては、InstagramやTwitterのUGCを増やした後に広告を出稿していくと良いでしょう。

SNSでモノを買うのが当たり前な時代のプロモーション戦略はいかがだったでしょうか?

参考になる部分があれば嬉しいです。

次回もお楽しみに!
ではまた!

編集長
たっつん